バナー

保育士の求人と今後の状況

国会などでも取り上げられ、保育士の処遇の改善が図られるようになりつつあります。特に給料面では、他の産業における平均金額よりも著しく低いことがはっきりと分かり、国や地方自治体も動かざるを得なくなっています。

こうした情勢から保育士の求人についても、徐々に変化が生まれてきました。
今までは、低賃金だったり重労働や時間外勤務すなわち残業の多さなどから敬遠されてきた仕事ですが、賃金へのてこ入れが行われる傾向が生まれてきています。



こうした状況を見て、大学等で学んで保育士資格を取得した人たちが、また求人に応募しようという動きが見られるようになりました。

子供が好きでせっかく取得した資格ですから、その資格を活かした仕事がやりたいと思うのは当然です。

しかしながら、その思いが報われていなかったために別の産業へと移らざるを得なかったことについて、求人条件が良くなればその思いを活かすように、職を移ろうとする動きが加速しつつあります。また、現在ではまだ様子見の人たちも、徐々に保育の仕事へと就きたいと思うようになっていきます。



すなわち、これからは求人条件が良くなれば、有資格者が戻ってくることが想定されているのです。

求人条件の向上により、受け入れる保育園側でも考えを変えざるを得ません。



条件が良いところには優秀な人材が集まりやすいわけですから、競争になっていきます。
こうした状態になれば、より健全な状態になっていくと考えられています。