バナー

保育士の求人を出している保育園が沢山ある

小さな子どもがいる夫婦共働き世帯の場合には働きに出る際には子どもを保育園に預ける必要がありますが、その数が急激に増加しているために色々と問題が出て来ています。


保育園で預かることのできる子どもの数はそこで働いている保育士の人数によって決まっていますが、その数が不足しているためにこれ以上子どもを預かることができない保育園が沢山あります。

今の状態が続いたら仕方がなく会社を辞めざるを得ない女性が増えてしまいますが、それでは世帯収入が減ってしまうので大変なことになってしまいます。



また働く女性の数が減少することは会社だけでなく国や自治体にとっても良くないことなので、保育園の数を増やす等色々と対策を立てています。ただ保育園を増やせば問題が解決する分けではなくそこで働く保育士の数を増やさなければならないので、求人を出して人材を募集する保育園が増えています。ただこの仕事は国家資格を取得しないとできないので、求人を出したからと言って直ぐに大勢の人が来てくれるほど甘くはないです。
また保育士は子どもの命を預かると言うとても責任の重い仕事の割りには給料の額が他業種に比べて平均して低いので、資格を持っていてももっと給料の良い会社に就職してしまう人が沢山います。

これでは不味いので給料の額を増やす等待遇を改善して求人を出す保育園が増えていてそれなりの効果が出て来ていますが、まだまだ保育士の数は不足しています。



ですからもっと保育士の数を増やすためにも今以上に給料の額を上げる必要があります。